自力で排尿|大怪我していた野良猫(7話)

柴犬と保護猫とその仲間たち0610-01

昨日の夜から半日経過した元野良猫のエンちゃん(家に来て4日目)
とにかく自力で排尿できることがまず前身の一歩。

柴犬ハナが散歩に行ってる間にそーっとケージの布をはずし様子をみます。トイレシートを見ると「あ!おしっこしている。」さらに、いれていたご飯(栄養価高いチュール+まぐろ缶)も空になっていました。(良かった)

あとは順調に回復してくれるのを祈るのみ。
先住犬のハナや先住猫のニコには悪いけど、生命に関わるエンちゃんが優先です。

エンちゃんが快適に暮らすため

  • 寝床、トイレ用の三段ケージ
  • 流れる水飲み
  • 猫用ベット
  • フードボール
  • 爪とぎ
  • ふたつきトイレ
  • 動物病院用チュール

こんな感じでエンが快適な新生活ができるように揃えました。

柴犬と保護猫とその仲間たち0610-03


スポンサーリンク

柴犬ハナがケージにギリギリまで近づけないように、しばらくはソーシャルディスタンス(笑)の確保です。

柴犬と保護猫とその仲間たち0610-04

エンちゃん(オス)とニコちゃん(メス)

まだ、エンちゃんの元気な姿を見せれませんが、この子と出会ったの2年8カ月前です。2018年の1月に保護しようとして失敗したのがエンです。
※この写真は生後10か月位(2018年1月)のエンでまだ幼さが残っています

柴犬と保護猫とその仲間たち0610-01

エンの保護に失敗して成功して家族となった子が先住猫のニコ。
この二匹は多分、同時期に生まれた兄弟猫です。見分け方は、鼻の上の白くなっている部分が多いのがエン、短いのがニコです。

柴犬と保護猫とその仲間たち0610-02

兄弟でも2年半、別生活だと兄弟と言うことがわからないそうですが、再会して仲良くなってくれることを願っています。

今回のエンちゃんの怪我がなければ、うちで飼う選択はありませんでした。大怪我したことはかわいそうだけど、それがきっかけ(何かのご縁=エン)で、これからうちで暮らすことを幸せに感じてくれたら何よりです。

そのためには、エンは今もトイレの奥から一歩も動きませんが、まずトイレからでてこれるようにガンバロー。

 
★犬猫が好きな方はポチッと応援お願いします。1日1クリック有効
★この話しを最初から読む方はこちらをご覧ください。
にほんブログ村 にほんブログ村へ

 


スポンサーリンク