川崎市の野良猫、地域猫について知ってもらいたいこと

動物の遺棄や虐待は犯罪です

川崎市に住む私が毎日ご飯をあげる地域猫たちはほぼ100%去勢済みの猫です。この辺りは野良猫にたいして愛情深い人たちが多いけど、一部には猫嫌いの人たちもいます。

野良猫嫌いの理由

  • 猫が増えて困る
  • 庭で糞をされたから
  • 猫が嫌いだから

猫にご飯をあげていると「猫にエサをあげないでくれ」と言われたこともあります。

川崎市の地域猫支援活動

  • 川崎市の地域猫活動としてやっていること
  • ここにいる猫たちがすでに去勢済み
  • 野良猫の短い寿命の話し
  • エサあげもルールを守っていること
  • 自分の家でも猫を複数保護していること

上記のようなことを話すことで、理解していただける人も多くいらっしゃいます。

しかし、稀に「警察呼ぶぞ!」といきなり威圧的に来る人もいます。そういう人は自分の価値観から猫=迷惑な動物と言う感覚かも知れません。ですが、この場所川崎市は野良猫対策として地域猫活動を推奨している市です。

川崎市では地域猫活動を支援します

地域猫活動とは
地域の野良猫によるフンや鳴き声などの問題を解決するため、地域の方々の理解のもと、猫の不妊去勢手術やルールに沿ったエサの管理など、適正に猫を管理していく活動のことです。今以上に猫を増やさず、猫による被害を減らすことで、地域の生活環境をより良くし、暮らしやすい地域づくりにつなげることを目的とします。引用元:川崎市ホームページ


スポンサーリンク

今回、川崎市を例にあげましたが現在は神奈川県の各市でも同様の掲載が見受けられますので、それぞれのお住まいの各市のホームページをご確認ください。

たしかに去勢や保護もせずに、むやみに猫のエサをバラまく行為はよろしくありません。でも、川崎市の地域猫支援サポーターのルールを守ることで猫と人間は共存できます。

少し考えてください。野良猫は自分で好んで野良になった訳ではなく我々人が作り出した被害者です。猫にも生きる権利はあります。そして人間同様に生きたいと思っています。その命をつむ権利は人にはありません。

庭に糞をされる人の対策

庭に糞をされることを嫌う人はいますが、猫は犬に比べてトイレは規則正しく同じ場所でします。一歩譲り、庭の中にトイレを設置してあげれば、糞をまき散らすことはほぼ無くなります。

横浜市の「猫トイレの作り方」です。これを参考にしてください。

何度も書きますが、そもそも野良猫の人が作りだしたもの。さらに過酷な環境の中、家猫に比べて短い寿命の中、頑張って生きているのです。人も猫も同じ命です。

環境省の定める動物愛護管理法とは

それから猫犬を害虫駆除だと虐待する人もいますが、これらの自分の都合の良く解釈をしている場合が多いです。動物を虐待する行為は立派な犯罪です。

 

虐待や遺棄の禁止

愛護動物を虐待したり捨てる(遺棄する)ことは犯罪です。違反すると、懲役や罰金に処せられます。

・愛護動物をみだりに殺したり傷つけた者
→5年以下の懲役または500万円以下の罰金
・愛護動物に対し、みだりに身体に外傷を生ずるおそれのある暴行を加える、またはそのおそれのある行為をさせる、えさや水を与えずに酷使する等により衰弱させるなど虐待を行った者
→1年以下の懲役または100万円以下の罰金
・愛護動物を遺棄した者
→1年以下の懲役または100万円以下の罰金

※愛護動物とは
1 牛、馬、豚、めん羊、山羊、犬、猫、いえうさぎ、鶏、いえばと及びあひる
2 その他、人が占有している動物で哺乳類、鳥類又は爬虫類に属するもの

引用元:環境省 動物愛護管理法より

動物の遺棄や虐待は犯罪です

 『愛護動物』の虐待(みだりに殺したり傷つける行為やえさや水を与えずに衰弱させる行為)や遺棄は動物の愛護及び管理に関する法律により、懲役や罰金に処されます。

遺棄や虐待が疑われる事例があった場合は、最寄りの区役所地域みまもり支援センター衛生課や動物愛護センターに御相談ください。
引用元: 川崎市 健康福祉局保健所生活衛生課

 
★犬猫が好きな方はポチッと応援お願いします。1日1クリック有効
★この話しを最初から読む方はこちらをご覧ください。
にほんブログ村 にほんブログ村へ

スポンサーリンク