薬きらいのため錠剤投与に苦戦|大怪我していた野良猫(27話)

薬きらいの猫のため錠剤投与に苦戦

退院して17日目です。
毎日、朝晩に薬(朝1、夜2)飲ませていますが、薬きらいのため錠剤投与に苦戦しています。

しかし、膿胸になった猫の場合は抗生剤を最低でも三カ月は投与するそうですので、1日2回の薬は絶対です。

最初の頃は、錠剤を粉にしてちゅーるに混ぜる方法がうまく行きましたが、しだいに学習してカツオ、まぐろ、ささみ味と言う順番で拒絶するようになってきました。

猫の薬嫌い 錠剤を粉にしてちゅーるに混ぜる方法


スポンサーリンク

純粋なちゅーるだとちゃんとなめてくれますが、薬が混ざったものだと気がつきます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

森 二朗(@j_mori)がシェアした投稿

次の方法は口を開けさせて、薬を直接投与していますが、これも賢くなってきて、こっそり口の中にためておいて、しばらく経ってから吐き出します。ですので、写真ではしばらく口を閉じさせて我慢比べです。

最終手段として、投薬補助の猫用 ピルポケットと言うものを購入してみました。薬の包み隠して食べさせるサプリメントです。

これはまだ到着していませんが、果たしてどうでしょうか?

 
★犬猫が好きな方はポチッと応援お願いします。1日1クリック有効
★この話しを最初から読む方はこちらをご覧ください。
にほんブログ村 にほんブログ村へ

スポンサーリンク