深夜は大忙しな3匹|大怪我していた野良猫(12話)

大怪我してた野良猫の保護 19日目

家に来て19日目。
これまで寝床(隠れ家)に適当な段ボールを置いておきましたが、そろそろちゃんとした猫ハウスを置いてあげようと思い探した結果、猫のくらと言うものを購入してみました。

これから夏になるので、暑そうなのはパス、猫は段ボールが好き、形が面白い、評判が良かった。これで決めましたが直径45cmは想像より少し大きかったです。配置はこんな感じ。

猫のくら

いきなり今まで隠れていた段ボールが無くなったので、しばらくまたトイレ生活になりましたが、一日経過した翌朝みると中にいるではないですか。しかし・・・


スポンサーリンク

大怪我してた野良猫の保護 19日目

エン君まったく落ち着けません。
なぜなら、この隣りでケージごしにガン見しているエリマキ柴犬がいるからです。

大怪我してた野良猫の保護 19日目 柴犬との同居

エリマキ柴犬、これが本当にしつこい。
この姿勢で一時間動きません(今、この椅子はのぼれないようにしました)
自分が疲れたらケージ前で寝泊まりして監視です。

野良ちゃんは強い

野良猫だったエン君、深夜になると活動開始です。
少しずつ移動範囲も広くなってきました。

昨日は寝ている僕の横をソロリソロリとほふく前進。それに気がつき近寄ってくるハナにたいしては「フー!」っと威嚇です。先住猫のニコはキャットウォークの最高部で観察。

しばらくは深夜にこの3匹のドラマがいろいろ繰り広げられそうです。「と言うか、君たち寝てくれよ~・・・」

 
★犬猫が好きな方はポチッと応援お願いします。1日1クリック有効
★この話しを最初から読む方はこちらをご覧ください。
にほんブログ村 にほんブログ村へ

 

 


スポンサーリンク