今、うちの家族になったエン君の野良猫時代。

膿胸で入院中 猫

今、うちの家族になった子の野良猫時代。 この子とはいろいろありました。 最初に捕まえること(保護)を失敗。 それから約1年、姿を見せなくなり、再び姿を見せた時には首の中が見えるくらいの瀕死の重傷でした。

YouTube player

次の保護は成功しましたが、そこから怪我の治療や便がとまり定期的に病院へ。さらに悪化して感染症(膿胸)になり、結局三つの動物病院を経由。

手術、集中治療室、長期入院しても良くならず。
猫の白血球は5000~15000程度と言われているのに、測定器を最大超の60000オーバー。さらに肺炎の合併症へ。
その位、症状は悪化しました。

何ども「もー諦めよう」と考えた子。 それが今は半年位前に薬もやめても元気に生きています。 わからないものですね。

柴犬と保護猫と地域猫

当時のことは下記に第1話~29話に書いています。
大怪我をしていた野良猫

 

★犬猫が好きな方はポチッと応援お願いします。
1日1クリック有効

YouTube『柴犬ハナと野良猫君たち』はじめました!
YouTubeチャンネル登録はこちらより