野良猫ニコが家に来て4週間(15話)

元野良猫のニコちゃんが家に来て4週間が経過。

家に来てからの1週目は「怯える、威嚇する」で、食事も食べなかったり、食べる時は人が見ていない隙に少しだけ食べるを繰り返していました。

野良猫として外で天真爛漫な生活をしていた子なので、ケージ(柵)の中でストレスだけを溜め込ませる生活をさせていると思うと、この子をこれから先育てていけないのではと思ってしまうこともありました。

この生活がずっと変わらないようなら、猫に慣れている里親さんを探すことも選択肢の一つに考えました。

しかし、3週目位から状況は変わってきます。
ニコがゴロゴロとすり寄ってきてくれたのです。まだまだ、人慣れした猫とは差はありますが、少しづつ、私のことを「お世話をしてくれる良い人」という認識をもってくれたのかも知れません。

最近では、ご飯の準備をすると、それまでケージの外(1日2回ケージからだしています)にいるニコが、自分からケージに入ってくれるようになりました。

jmさん(@j_mori)がシェアした投稿

 

ただ、同居の柴犬ハナとはまだまだ距離があるため、お互いが近くにいても安全なことをおぼえてもらうために、おやつを近くであげるようにしています・・・。

この効果はいかに?
次回はどこまで人・犬との距離が縮まっているでしょうか。

 

●他の野良猫・保護猫のブログはこちらへ

にほんブログ村 猫ブログ 元野良猫・元保護猫へ
にほんブログ村 犬ブログ 犬猫 多頭飼いへ

スポンサードリンク