犬猫共同生活が1週間経過(11話)

元野良猫ニコが来て1週間

元野良猫のニコ(メス推定8~9ヵ月)が家に来てから1週間が経過しました。
柴犬のハナも、自分以外の別の動物が同じ家に住みだしたことを完全に把握したようで、最初の頃は怖くて逃げ回っていましたが、今は自分なりに怖がらなくて済む対策をしているようです。

ニコに近寄らない(笑)

ニコのほうは、まだ家にも人にも犬にも慣れていないのと手術後の静養も兼ねて、少し大きめのケージ(トイレ、水、毛布、爪とぎタワーをいれて)で生活してもらっています。まだ、体に触っていません(いや、触れていません)。外で会っていた頃は抱っこまでさせてくれていたのに・・・。

食欲は手術後6日~7日位からでてきました。食事をケージにいれて、できるだけ見ないようにしていると数分後には無くなっています。

夜中に活動的になる

最近、夜遅くになると、ニコがケージから脱走を試みる音が聞こえてきます。保護猫の飼い方をアドバイスしてもらった方に、1カ月はケージからださないほうが良いと言われたのですが、つい早く部屋に慣れてほしいと言う思いでケージの出口に隙間を作ってしまいます。

すると、人の気配が感じなくなると忍び足(見ないふりして見てるんですが)で、そーっとケージからでて来て、ソファーの下、椅子の下、カーテンの中、窓といろいろ物色、移動したり、キャットタワーを半分くらいのぼっています。

部屋中のものを壊したり、走り回って暴れることはありません。とにかく、家の中の大冒険を私にばれたくないようなので声も一切だしません。僕と目が会ってしまうと固まってしまい、数分後には別の場所へスーっと移動する。これを繰り返しています。

隠れ場所のパターン

ある程度、隠れる場所のパターンはわかって来たので「ここにいって、ここか、ここ」と言う感じ。そして、適当なケージ外を歩いたあと、逃げ道をケージの方へ向けると諦めてケージに戻ってくれます。

まだまだ、ニコの野性味あふれた写真しか撮れませんが、今日の昼間にケージをのぞいたら、初めて足を伸ばして気持ちよさそうにウタウタしていました。
この家に来てこういうリラックスした姿を見れたのは初めてかも知れません。

早くハナとニコが仲良くしているインスタ映えする写真を撮れますように。

 

●他の野良猫・保護猫のブログはこちらへ

にほんブログ村 猫ブログ 元野良猫・元保護猫へ にほんブログ村 犬ブログ 犬猫 多頭飼いへ

 


スポンサードリンク